CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    階段工事
    0
      さて、本日は 階段工事の様子をお伝えしたいと思います。

      前回の更新で、
      階段室を見上げた写真が入っておりましたが、
      その真ん中にある鉄骨柱こそが、螺旋階段の柱となり、
      その柱に段板や、手摺が取付けられるのです。


      ↑取り付け前の段板と手摺の部品たちです。


      ↑職人さんによる溶接作業が始まりました。


      本計画では、1階〜3階まで、螺旋階段で一気につながります。
      実際の工事では、溶接作業は数日で終わりますが、
      その際のあらや、角をとるのには その何倍もの時間がかかります。

      しかしながら、その職人さんによる手間のお陰で
      滑らかできれいな階段が出来上がるのです。


      ↑完成した様子です。とても美しく仕上がりました。
       後は、仕上げの塗装を待つだけとなります。


      ↑3階からの見下ろしです。
       階段スペースは、ただの移動空間だけではなく
       吹き抜けのように、
       最上階から、光を1階まで届けてくれます。


      階段ができたお陰で、現場内での上下移動が
      ハシゴから階段になり、効率よくなりました。
      どんどんと完成に近づく様を、またお伝えしていきたいと思います。
      | 現場工事(その他) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      屋根工事
      0
        金物検査を終え、現場はどんどん進んでいきます。

        検査の時期と多少、前後しますが、
        骨組みだけだった建物に、壁や屋根といった面状の部材が
        付けられ始めました。

        壁面には外壁の下地となる、構造用合板が貼られはじめ、
        建物内に入ると、室内らしく感じられるようになってきました。


        ↑1階〜3階までの階段室を見上げた様子になります。
         真ん中の鉄柱は、螺旋階段の柱となります。


        また、上棟までは、雨ざらしだった最上部にも
        屋根材や板金が貼られ、屋根工事も完成いたしました。
        これで、天気に悩まされずに、工事が進められます。




        ↑屋根の上での高所作業となります。



        ↑道路側の斜め屋根にも板金がはられました。

        屋根ができ、壁が貼られ始めると
        現場に係わる職人さんもどんどん増え、
        様々な、工事が並行して行われていきます。

        次回、以降は その他の工事についてもご紹介していきます。
        | 現場工事(木工事) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        金物検査
        0

          本日は、金物検査の様子をお伝えします。

          金物検査とは、
          在来軸組工法と呼ばれる木造住宅の柱や梁、土台といった
          構造部材同士の接合部を繋ぐために用いられる補助金物が
          しっかり取り付けられているかを確認することです。


          ↑ホールダウンと呼ばれる金物です。
           柱が土台や梁から引き抜けるのを防ぎます。

          金物がきちんとついていないと
          建物の荷重がきちんと伝わらず、
          安全性の高い建物はつくれません。

          また、壁が出来上がると見えなくなってしまう部分ですので
          工事の途中段階で、きちんと見ておかなければならないのです。


          ↑柱や梁のまわりに様々な金物がついています。

          工務店さんが一度確認した後に
          当事務所と、構造設計士の方とで検査を行います。

          その次に、第三者期間の検査として
          確認申請機関と瑕疵保障会社の検査も受けます。


          ↑検査の様子です。複数人の目で確かめることで精度の高い
           建築がつくられていきます。

          以上の、何重もの検査を合格して初めて、
          次の工程へと進んでいけるのです。

          | 現場工事(木工事) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          祝!上棟。
          0
            木造住宅において、上棟というタイミングは、
            とても大きな節目となります。

             ※上棟…基礎の上に土台、柱、梁を組上げ、
                 最上部の棟木が取り付けられた段階をいいいます。
                 簡単に言えば、住宅の骨組みができた状態です。

            今まで、基礎しかなかった場所に
            家の外形が浮かび上がってくるのです。
            その迫力とスピード感には、圧倒されつつも、わくわくしてきます。

            また、
            現場監督さんを初め、大工さん、鳶さん、クレーン車の職人さんなど
            みなさんの段取りや、技術、チームワークの素晴らしさには、
            毎回、驚かされます。



            ↑屋根までつけた外観の様子です。
             ほぼ一日で、ここまで出来上がりました。 



            ↑1階の様子です。木組みだけなので、まだ壁がありません。



            ↑2階リビングの様子です。



            ↑3階寝室です。シート越しでも眺望の良さが分かります。


            上棟が終わると、さらに様々な職人さんが加わって
            家がどんどん具体的に出来てまいります。

            次回以降は、その様々な工事の様子をお伝えしていきたいと思います。
            | 現場工事(木工事) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            基礎工事完了
            0
              前回、無事に配筋検査を合格いたしましたので、
              コンクリート打設を行いました。 

              配筋の周りに型枠を組んだ後、その中にコンクリートを流し込み、
              コンクリートが固まると、いよいよ基礎が完成となります。
              下の写真が、枠組みをはずした状態になります。




              綺麗に出来上がっている様子がわかります。

              この状態になりますと、
              部屋の大きさや、空間も意識しやすくなってまいります。




              基礎から 飛び出ているものは、
              ホールダウン、アンカーボルトと呼ばれる金物です。

              これらの金物は、
              基礎の上に組まれる土台や、柱といった
              材木と基礎とを、がっちり固定する役割をはたします。

              そうすることで、地震が起きた時の振動や、建物の荷重を
              上から下へときっちり 伝えてくれます。
              木材の軸組み → 基礎 → 鋼管杭 → 地盤へと
              しっかり力が流れることで 強い建物となっていくのです。


              次回からは、いよいよ木工事に入ります。

              | 現場工事(基礎まわり) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              配筋検査について
              0
                本日は、基礎工事の中から、
                配筋検査についての様子を、ご紹介いたします。

                本計画では、建物の構造は木造3階建ですが、
                基礎の部分は、鉄筋コンクリートで作られます。

                鉄筋コンクリートは、文字通り
                コンクリートと鉄筋でできているのですが、
                配筋検査では、きちんと鉄筋が入っているかを確認します。




                職人さんが、組み上げた鉄筋の太さ、重なり長さ、間隔などを
                図面通りのものになっているか、不具合はないか等を
                構造設計事務所の方とチェックしていきます。





                コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまう部分なので
                慎重に確認して行きます。
                検査に合格すれば、コンクリートで固められ、基礎工事が完了します。
                | 現場工事(基礎まわり) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                杭工事について
                0
                  本日は、杭工事について、お話いたします。

                  杭工事とは、
                  地盤が軟弱な場合や、よう壁なとがある場合に、
                  地中に杭を打つことによって、建物の荷重を地盤に支持させる工事です。

                   ※よう壁…高低差のある敷地において、
                       土砂が流れないように、支える構造物のことです。

                  本計画地は、高低差約3mのガケ地の上にあります。

                  建物を建てることによって、よう壁に過度な負担がかからないように
                  地中に約9mの長さの鋼管杭を打ち込んでおります。

                   ※鋼管杭…地中に打ち込む鋼製の杭のことです。




                  その数、15本。

                  この鋼管杭を、地中のより固い地層にねじ込むことにより、
                  建物の荷重が、よう壁や、上部のやわらかい地層に負担をかけずに
                  直接、地中深くまで伝えることができるのです。



                  3mの杭をつなげて、慎重に施工していきます。



                  ↑ 施工が終わった様子です。

                  地上からは、分からない 縁の下の力持ちです。



                  | 現場工事(基礎まわり) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  現場実況はじめます。
                  0
                    それでは、現場の状況をご紹介していきたいと思います。

                    まず、今回は、敷地についてです。

                    場所は、東京都豊島区東池袋5丁目、春日通り近くです。
                     ※東京メトロ丸の内線「新大塚」駅徒歩4分
                    建物は、木造3階建て、5月完成を目指して工事が進んでいます。

                    敷地の大きさは、33.16屬函‐ぶりではありますが
                    よう壁の高台側に建ち、南側に大きく開いておりますので
                    上階からの、日当たりと眺めは抜群になりそうです。




                    敷地の南側を見た写真です。
                    晴れた日は、青空を楽しめそうです。

                    次回は、地盤について実況いたします。
                    | 基本情報 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    「まちにわ」プロジェクト とは
                    0
                      「まちにわ」プロジェクト とは

                      隣家が密接して建つ低層住宅地においても
                                     豊かな住空間をつくり出すこと

                      をコンセプトに岡村泰之建築設計事務所と山菱工務店が、
                      共同で進めるプロジェクトです。

                      都心の住宅地においては、
                      南側にスペースをつくり『にわ』をつくっても、
                      隣家の視線が気になるために、
                      窓のカーテンを閉め切ってしまい、
                      本来の『にわ』として機能しないということが多々あります。

                      「まちにわ」では、そのような 使わない『にわ』ではなく、
                      使える『にわ』を まち の中につくっていこうと考えています。

                      それは、建物内部(お住まいの方)と建物外部(お隣の方)、
                      お互いにとって良い環境をつくりだせないかという考え方です。


                      ・建物内部にとっては

                      『にわ』を室内の延長として使えるようにすることで、
                      樹木を見るだけの『にわ』ではなく、
                      リビングと一体的に使い、友人とパーティーをしたり、
                      小さな子供が、親の目の届く範囲で遊べるようにしたり、
                      そこで色々なことができる『にわ』にします。

                      大きな白い壁で囲われている『にわ』は、
                      プライバシーも確保でき、近隣の方の視線を
                      気にする必要もありません。
                      また、『にわ』を内部として捉えられることで、
                      より空間の拡がりを感じられるようになります。

                      実際の中庭が小さい場合でも、
                      空に向かって視界を開くことで空を庭として捉え、
                      狭い敷地においても、豊かな拡がりをもった
                      住宅となります。


                      ・建物外部にとっては

                      お隣の方に対しては、
                      お隣の窓のある位置に、大きく開く窓はつくらずに、
                      壁を設けることで、お隣の方の視覚的な拡がりを
                      隣地境界線まではなく、こちらの外壁面まで
                      感じることができます。

                      また、お隣の方のプライバシーも確保され、
                      視線を気にせずに窓を開けられます。


                      以上のようなことから、
                      内部と外部、お互いにとって良い環境を考えることで、
                      近隣との関係、 まち との関係が良好になっていくことを
                      目指してつくられるのが
                      「まちにわ」プロジェクトです。


                      さらに詳しい内容につきましては
                      下記リンク先を 参照下さい。

                      http://www.amy.hi-ho.ne.jp/vali/
                      | 基本情報 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      << | 2/2PAGES |