CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    壁紙工事。
    0
      現場では、ついに壁や天井に壁紙が貼られ始めました。

      壁や天井が白くなると、光が反射して 室内がとても明るく
      感じられます。室内も、あと少しで完成となります。

      1階納戸の写真です↓。だいぶ部屋らしくなってきました。
      職人さんの手にかかると、
      ロール状の壁紙に、接着剤が塗られ、
      あっという間に、継目が分からないくらい綺麗にクロスが
      貼られていきます。



      下の写真は、2階LDKの北側の様子です。
      あいにくのお天気でしたが 中庭から光が入ってきているのが
      分かります。



      次に3階寝室の写真です。↓
      足場がなくなりましたので、絶景が楽しめるようになりました。



      少し遠いのですが、桜の木も楽しめるようです。
      来年の春には、家の中から、お花見ができるかもしれません。



      次回は、ぜひ晴れた日の写真を掲載したいと思います。
      | 現場工事(仕上げ) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      4月10日の現場状況
      0

        今までの更新では、
        工事開始後に、ブログがスタートしたため、
        実際の現場と、掲載内容に多少のタイムラグがございましたが、
        本日は、まさに当日の現場状況をお伝えしたいと思います。

        現場では、いよいよ木工事が終わり、
        仕上げ工事の段階へと、入ってまいりました。
        こうなると、建物も完成が秒読みです。

        本日から、塗装屋さんが現場入りし
        螺旋階段の下塗りが始まっていました。



        2階に上がると、キッチンが取り付けられていました。
        ガケ地の上に建物があるため、2階のキッチンからも眺望が抜群で、
        料理をするのがより楽しくなりそうです。
        自宅でご飯をつくる機会が、増えるかもしれません。



        次は、最上階の3階の様子です。
        3階は南北に大きな開口部がありますので、
        採光、通風ともに優れており、眺望もとてもよいです。

        写真を見ていただくと建具や、手摺も付いた様子が分かります。
        天井や、壁の穴は仕上げ工事後に、
        照明やスイッチ、コンセントを取り付ける場所になります。



        最後の写真は、1階の廊下から玄関を見た様子です。

        玄関ホールと階段室を一体化しているので
        省スペース化と同時に、吹き抜けとしての役割も果たします。
        2階、3階、中庭から、螺旋階段を通じて 
        光が入っていくる様子が分かります。
        3階建ての、1階廊下とは思えない明るさです。



        次回以降も、建物が仕上がっていく様子を
        どんどん更新したいと思います。

        | 現場工事(仕上げ) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        浴室工事
        0
          現場では、浴室の工事が進んでおります。


          ↑ユニットバスなので、ある程度まで工場でつくられたパーツを
           現場にて組み立てていきます。



          ↑浴室らしい形になってきました。あと一歩で完成です。


          本計画では、1階あたりの面積が19.85屐別6坪)と
          あまり大きくありませんので、浴室などの水回りスペースが
          どうしても小さくなってしまいます。


                   



          だからといって、浴室を隅っこに追いやってしまうのではなく
          北側にある坪庭に面して設置することで、
          浴槽から、光や風、空を楽しめるように計画いたしました。



          ↑ユニット化されたパーツが外で待っています。


          ↑浴室部分が完成しました。
           坪庭とのつながりが感じられます。

          坪庭は、階段室からも出入りができるため、
          植物を置いて浴室から眺めたり、生活にあわせて
          様々な楽しみ方ができそうです。
          | 現場工事(仕上げ) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          | 1/1PAGES |