CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    基礎工事完了
    0
      前回、無事に配筋検査を合格いたしましたので、
      コンクリート打設を行いました。 

      配筋の周りに型枠を組んだ後、その中にコンクリートを流し込み、
      コンクリートが固まると、いよいよ基礎が完成となります。
      下の写真が、枠組みをはずした状態になります。




      綺麗に出来上がっている様子がわかります。

      この状態になりますと、
      部屋の大きさや、空間も意識しやすくなってまいります。




      基礎から 飛び出ているものは、
      ホールダウン、アンカーボルトと呼ばれる金物です。

      これらの金物は、
      基礎の上に組まれる土台や、柱といった
      材木と基礎とを、がっちり固定する役割をはたします。

      そうすることで、地震が起きた時の振動や、建物の荷重を
      上から下へときっちり 伝えてくれます。
      木材の軸組み → 基礎 → 鋼管杭 → 地盤へと
      しっかり力が流れることで 強い建物となっていくのです。


      次回からは、いよいよ木工事に入ります。

      | 現場工事(基礎まわり) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      配筋検査について
      0
        本日は、基礎工事の中から、
        配筋検査についての様子を、ご紹介いたします。

        本計画では、建物の構造は木造3階建ですが、
        基礎の部分は、鉄筋コンクリートで作られます。

        鉄筋コンクリートは、文字通り
        コンクリートと鉄筋でできているのですが、
        配筋検査では、きちんと鉄筋が入っているかを確認します。




        職人さんが、組み上げた鉄筋の太さ、重なり長さ、間隔などを
        図面通りのものになっているか、不具合はないか等を
        構造設計事務所の方とチェックしていきます。





        コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまう部分なので
        慎重に確認して行きます。
        検査に合格すれば、コンクリートで固められ、基礎工事が完了します。
        | 現場工事(基礎まわり) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        杭工事について
        0
          本日は、杭工事について、お話いたします。

          杭工事とは、
          地盤が軟弱な場合や、よう壁なとがある場合に、
          地中に杭を打つことによって、建物の荷重を地盤に支持させる工事です。

           ※よう壁…高低差のある敷地において、
               土砂が流れないように、支える構造物のことです。

          本計画地は、高低差約3mのガケ地の上にあります。

          建物を建てることによって、よう壁に過度な負担がかからないように
          地中に約9mの長さの鋼管杭を打ち込んでおります。

           ※鋼管杭…地中に打ち込む鋼製の杭のことです。




          その数、15本。

          この鋼管杭を、地中のより固い地層にねじ込むことにより、
          建物の荷重が、よう壁や、上部のやわらかい地層に負担をかけずに
          直接、地中深くまで伝えることができるのです。



          3mの杭をつなげて、慎重に施工していきます。



          ↑ 施工が終わった様子です。

          地上からは、分からない 縁の下の力持ちです。



          | 現場工事(基礎まわり) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          | 1/1PAGES |